診療時間

スタッフブログ

症例報告 お尻から脚にかけて痺れがあり、散歩が満足にできない

症例報告 お尻から脚にかけて痺れがあり、散歩が満足にできない

症例報告

 

・年齢

40代(仙台市若林区在住)

 

・性別

女性

 

・症状

臀部から下肢の痺れ、痛み。

下肢の歩行時痛。

首から右腕にかけてしびれ。

 

・お悩み

ずっと座っていると臀部から脚がしびれてきて動けなくなる。

お散歩できない。

上を向くと手がしびれる。

 

・検査、施術

立位時の骨盤の前傾。

座位時の骨盤後傾

頚部屈伸、左右回旋時可動域制限。

腸腰筋出力低下。

骨盤矯正。腰痛矯正。

インナーマッスルトレーニング。

 

・治療内容・経過

矯正する前のバランス検査でのふらつきがかなり強かったため、骨盤矯正でバランスをまず整える作業を行なった。下肢のしびれからくる筋力低下も著しかった。最初のうちはふらつきが強かったが、骨盤矯正を継続して行なうことで徐々に軽減。施術後は臀部の痺れや痛みが軽くなっていた。正しい状態をキープさせる為にインナーマッスルも同時に強化した。脚を上げる筋肉が低下していた為、腸腰筋を強化。臀部の痺れも強く出ていたため中殿筋も同時にトレーニングを行なった。歩行が困難であった為、最初のうちは車で来ていたが、痺れや痛みなどの症状が落ち着いてきたので、歩いて院まで来ることが出来るようになった。頚部を後ろに倒すと首から右腕に痺れが出ていたため、骨盤の状態が落ち着いてから猫背矯正や肩甲骨はがしを行なった結果、徐々に軽減。痛みや痺れが出る範囲が狭くなった。完全にしびれは取れていないので、治療は継続して行なっている。

 

・同じ症状でお困りの方へ

痺れの症状はまずどの神経に影響が出て痺れが出ているのかを特定することが重要になります。若松整体院-若林区院では特殊な電気を用いた検査等を行い、どの骨格に歪みがあるのか、骨格を歪ませない為にどの筋肉を鍛えなければならないのかを、模型や写真等を使いながら患者様に説明させて頂いております。インナーマッスルがどれくらいあるのかが分かれば、根本的にお悩みの症状を改善させる為にどれくらいの治療期間と回数が必要なのかも分かります。痺れなどが続いて恐いのは、知らぬ間に筋力が低下してしまっていることです。そこから筋肉を使える状態にもっていくまでには時間がかかってしまいます。もし痺れなどの症状が出てきた、もしくは長年わずらっている場合は、一度若松整体院-若林区院にご相談ください。

お問い合わせ

TEL

LINE予約

住所
宮城県仙台市若林区大和町4-19-22
ホームセンターサンデー2階
アクセス
卸町駅 徒歩 2分

診療時間

  • 料金表はこちら
  • アクセス情報